このテーマをインストール
internetsgreatesthits:

OPEN THIS FUCKING PIT UP!!!!

internetsgreatesthits:

OPEN THIS FUCKING PIT UP!!!!

コンスタンティノス率いる東ローマ軍は2ヶ月にも渡って抵抗を続けたが、1453年5月29日未明、ついにオスマン軍が城壁を突破し、コンスタンティノスは大剣を抜き払い、皇帝のきらびやかな衣装を脱ぎ捨てると、「神よ、帝国を失う皇帝を許し給うな。都の陥落とともに、われ死なん。 逃れんとするものを助け給え。死なんとするものはわれとともに戦い続けよ!」との演説の後、親衛隊とともに市中に渦巻くオスマン軍の中に姿を消した。こうして、アウグストゥス以来のローマ皇帝の継承者は絶え、紀元前753年に起源を発するローマ帝国は滅亡した(詳細はコンスタンティノープルの陥落の項を参照)。
出典: Wikipedia
リアクション: 1 7/22/14 — 4:43am ショートURL : http://tmblr.co/ZHbexw1M6rGrX 登録カテゴリ:: #歴史 
妖怪化の発端は『大神』だが、百鬼夜行絵巻の太陽を「空亡(くうぼう)」と呼ぶことには別の由来が存在する。
空亡(くうぼう)」とは本来、干支におけるある期間を意味する用語でしかなく、絵巻の太陽と結び付けられたのは、2002年発売のフィギュア『陰陽妖怪絵巻』に同梱されたトランプ『陰陽妖怪絵札』によるもの。
『陰陽妖怪絵札』は大徳寺真珠庵所蔵『百鬼夜行絵巻』の妖怪たちの絵柄と解説が書かれたトランプであり、この中で太陽は「全ての妖怪を逃げ帰らせる」というワイルドカード的な性質からジョーカーの役割が与えられている。
ここに、監修・主要執筆者である荒俣宏氏(博物学者、小説家、神秘学者、妖怪評論家、タレント)により、太陽が「空亡という時期」を利用して夜明けをもたらすという設定が加えられ、カードの名称も「空亡(くうぼう)」となった。

 >空からころがり落ちてくる火の玉のような太陽は、まさに闇を破る万能の力といえる。
 >太陽は、夜の闇を切り裂いて夜明けをもたらすとき、空亡という「一日の暦の切れ目」を
 >ついて、夜の中に割りこんでいく。この空亡の隙間は、どんな妖怪にも塞ぐことができない。

空亡(くうぼう)」が妖怪であるという『大神』設定資料集の解釈はこれを誤解したものだと考えられる。
7/14/14 — 12:28am ショートURL : http://tmblr.co/ZHbexw1LMhmgc 登録カテゴリ:: #妖怪 
出典: Yahoo! Japan
7/13/14 — 5:25pm ショートURL : http://tmblr.co/ZHbexw1LLS-is 登録カテゴリ:: #神社 
 日本では西欧文明とは違って、「肉体関係」とか「個人的」とかいった概念が
全く違う範疇で捉えられていることがある。地下鉄の車内で隣に座っている人の
肩に触れるだけでも、居心地の悪い感じがするものだ。しかし陰部を隠すのに
ぎりぎりのスカートをはくことは普通に見られる光景だ。このような日本人の
「肉体関係」や「個人的」といった概念の捉え方について、モスクワ国立大学
アジアアフリカ諸国大学日本文学講座のヴィクトル・マズリク准教授(翻訳家、日本中世史)は、
次のようにコメントしている。

 ‐日本では肉体的なものと精神的なものが明確に対立しているとは考えられていません。
西欧文化においてはその二つは高・低と同じように完全に対立しています。なぜなら
キリスト教では、人類がエデンの園で神との一体性を失ったことへの一種の罰として
捉えられているからです。肉体は文化的タブーとされてきました。常に隠されてきたのです。
その違いが出ている典型的な例がこの「HENTAI」ジャンルです。この言葉は
「変化した態」というぐらいの意味です。日本人にとって、これは形のアラベスクであり、
好奇心、興味、笑い、驚きをもたらすものであって、心理的ショックや官能的興奮を
もたらすものではありません。しかし特に若者を始めとする海外の環境では、
心理的に非常に危険になる恐れもあります。それがいまにいたるまで解決されていない
大きな問題なのです。

 西欧と日本でセックスなどのデリケートな問題に関する理解が違っているのは、
多くは宗教的伝統の違いに端を発している。キリスト教と違い、日本の神道は
はっきりとした善悪の観念を押し付けない。それゆえ、日本では他の宗教が
伝来するまで、男女関係においては、西欧で見られるような罪の意識は存在しなかった、
とマズリク准教授は続けている。

 ‐古代の日本人にとっては、罪や善行の問題よりも、掟を守るか守らないかの問題が
重要なのです。魔術的タブーや宗教的タブーを破るということは、肉体と精神が
分かれていない世界全体のゆがみになるわけです。これは様々な悪い結果につながります。
ですから、人々はタブーの侵犯を避けようとするか、もし犯された場合でも、
魔術的方法で回復できるよう試みるわけです。これは自らの問題にどう対処するか、
ということに関してまったく違ったアプローチです。日本文化における罪の意識は、
中世になってやっと起こってきましたが、西欧やロシアのようにはっきりと
白黒をつけるところまでは行かなかったのです。

 日本ではいまでも生命と繁栄の象徴としての女性器や男性器を祭る行事が騒々しく
祝われている。「HENTAI」ジャンルにおいて、日本人は何も恥ずべきものを
見ていないのです。